形成外科(健康保険対応)とは

形成外科とは、頭のてっぺんから手足の先まで全身の表面組織に生じた異常や変形、欠損、あるいは外見的な不満足に対して、様々な外科的手法・技術を用い、機能はもちろん形態的にもより正常に、より美しくすることによって、生活の質(QOL)の向上を目指す診療科です。
具体的には、顔の外傷・骨折、やけどや傷あと、あざ、皮膚潰瘍、腫瘍、先天的な外表異常の治療、また欠損した組織の再建などを行います。

整形外科や美容外科との違い

形成外科は、よく整形外科と間違われるのですが、整形外科は「体の芯となる骨・関節などの骨格系、およびそれを取り囲んでいる筋肉や腱、またこれらを支配している神経系」を扱う診療科であり、形成外科は主に全身の体表(皮膚・皮下組織)、および顔の骨の治療をする診療科と言えます。
また、美容外科は広い意味での形成外科の一分野ではありますが、美容外科は正常な部位をより理想的な形態にすることを目的にしていますので、正常な状態に戻すことを主眼に置く形成外科とは一線を画します。

当院の形成外科について

当院では、形成外科疾患全般にわたる診療をいたします。
ご来院になる患者様の治療のタイミングを見極めた治療(適切な時期の適切な治療)を行います。
どの患者様も自身の家族だと思って診察し、また手術いたしますので、安心してご受診いただければと思います。
また、早めに治療を開始することで、大掛かりな手術とならずに済むケースが多いので、早めの受診をお勧めいたします。

形成外科で診療する症状

  • 外傷の縫合
    形成外科的に傷跡が目立たないように縫合します。
  • 皮膚腫瘍の切除
    粉瘤(表皮嚢腫)などの皮膚腫瘍を切除して縫合します。
  • ケロイド・瘢痕の治療
    帝王切開の術後などの痒みや引きつりのある傷などを可能な限り目立たないように治療します。
  • 眼瞼下垂症(がんけんかすいしょう)
    年とともに開きにくくなったまぶたを手術により開きやすく見やすくする治療です。
  • 眼瞼内反症(逆さまつげ)
    眼をちくちく刺激する逆さまつげの手術療法です。
  • 陥没乳頭
    炎症や授乳障害をおこす陥没乳頭を治療します。
  • 巻き爪
    激しい痛みや炎症を伴う足の爪の食い込みを治療します。
    尋常性疣贅(ウイルス性いぼ)、脂漏性角化症(老人性いぼ)、アクロコルドン(首のいぼ)の治療
  • うおのめ・たこの処置
  • にきびの治療
    外用薬による治療を行います。
  • 血管腫、赤あざ、毛細血管拡張症の色素レーザー(ダイレーザー)治療
  • 太田母斑、異所性蒙古斑、外傷性色素沈着症のQスイッチヤグレーザー治療