年齢を重ねるごとに肌はくすみ、しみも増えていきます。
しみを隠すために、コンシーラーやファンデーションを重ねすぎ、余計に老けた顔の印象になる場合があります。
近年は年齢を重ねるほど薄化粧でいたいと望む女性が多くなってきているのではないでしょうか。
美容医療の技術が向上した今、光治療やレーザー治療等でしみ・くすみを薄くすることができるようになりました。
素肌をきれいにすれば、ファンデーションに頼ることもなくなります。
素肌に近い状態でいられる快適さを手に入れるために、ぜひ当院の治療をお試しください。

しみについて

当院ではピンポイントでしみにレーザーを照射するQスイッチ照射をはじめとし、レーザーやフォトフェイシャルを顔に照射して肌質改善し、しみを薄くしていくという治療法があります。
レーザーやフォトフェイシャルを顔全体にあてる治療は特に人気で、トーンアップやハリ感アップの美肌治療効果が高く、多くの美容外科や美容皮膚科がメインの治療のひとつにしています。
ホームケアではトレチノインクリーム、ハイドロキノンクリームの2種類の軟膏が有効です。
またトラネキサム酸という、内服することで徐々にしみを薄くする作用のあるお薬があります。
お一人お一人の状態に最適な治療をアドバイスさせていただきます。

しみの種類いろいろ

老人性色素斑

  • 数ミリ~数センチの境界明瞭なしみ
  • 紫外線の影響が非常に大きい
  • 顔、手の甲、前腕など日光にあたりやすい場所にできる
  • 40代以降の男性の顔の目立つしみはほとんど老人性色素斑

内服薬・外用薬の服用や、ケミカルピーリング、レーザー治療が有効です。

老人性疣贅(脂漏性角化症)

  • 皮膚にできる良性の腫瘍の一つ
  • 一般的に「年寄りイボ」とも呼ばれ、加齢とともに増えていくのが特徴
  • 人によっては早ければ20~30代の若い方にもできることがあるので、注意が必要
  • 加齢とともに増えるボコボコとした膨らんだタイプの茶色~黒色のしみ
  • コメカミや頭皮などによくできる
  • 紫外線により肌のダメージが蓄積されることが一番大きな要因

高周波メスでやきとるか、そぎ取りを行います。
除去後は紫外線対策をしていただくととてもきれいに治ります。

肝班

  • 顔にあらわれる淡褐色のしみ
  • 30~40歳以上の女性たちに多く見られる
  • 両頬や額、下顎、上口唇(鼻の下)に左右対称に現れることが多い(左右対称でないこともあります)

肝斑は、日常における刺激などで毎日少しずつ作られており短期間ではなかなか改善しません。
通常の肝斑は閉経後少しずつ消えていきます。
そのしみにあった方法で対処しなければ、逆にしみがひどくなるため、注意が必要です。
内服薬、美白外用剤、レーザートーニング、ケミカルピーリングなどを行います。

後天性真皮メラノサイトーシス(ADM)

  • 肝斑と間違われやすい
  • しみのように見えるが、医学的にはアザの部類
  • 両頬に肝斑のように現れ、色素の深さによって黒色、灰色や青色のように見える
  • 額の両側やこめかみ、まぶた、鼻の穴付近など左右対称に現れることが多い
  • 遺伝や紫外線、ホルモンバランスの乱れが影響とされる

QスイッチNd:YAGレーザーによる治療が第一選択になっています。
その他にもたくさんのしみがあるため、急激な増大傾向や血が出るようなしみは悪性の可能性があるので、早めに専門医の診察をお勧めします。

そばかす

  • 顔の鼻から頬のまわりを中心に、薄茶色をした小さな斑点が散在
  • 5〜6歳の幼児期からでき始めることが多く、年齢を重ねるにつれて色は濃くなり数も多くなる
  • 思春期以降には薄くなる場合もある

紫外線を浴びやすい部位にできることが多く、背中、手や腕、胸元などにもできることがあるため、紫外線対策を行うことが重要でです。
またビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどを含め食事をとる、内服薬、レーザー治療などで色の軽減が可能です。

ホームケアについて

クリニックでの治療とホームケアを併用すると、より効果的に結果を出すことが出来ます。

ハイドロキノン(HQ)クリーム

5%ハイドロキノン配合、メラニン産生を抑えます。
美白剤としては最も強力な効果があります。
ハイドロキノンは皮膚への刺激が強く、皮膚が赤くなったり発疹が出ることがありますので、その場合はすぐに使用を中止して下さい。
ハイドロキノンのホームケアのみでしみが薄くなり目立たなくなる人もいますが、多くの場合はレーザーと併用する方がより効果的です。

※税別
ハイドロキノンクリーム 2,000円

トレチノイン

ビタミンA誘導体です。真皮のコラーゲンを増やし、肌の張り、皮膚を若く保つ手助けをしてくれます。
肌の生まれ変わりを促進し、しみ、しわ、ニキビを改善します。ピーリングの作用があるので肌がつるつるになります。
トレチノインの使用を始めると皮膚が赤くなり、ポロポロ剥けるなど一時的な肌荒れを生じることのある強い薬です。妊娠中は禁忌です。
ある程度の期間程度使用したら一度中止して、肌荒れが回復したら再開します。
使用方法が難しい薬ですので、定期的な診察が必要です。

※税別
トレチノインクリーム 0.05%・0.1%・0.2% 各3,500円

ケミカルピーリング

ケミカルピーリングとは、皮膚の表面に酸性の薬剤を塗布して、古くなった角質や毛穴に詰まっている老廃物などを溶かして除去する治療法で、お肌のターンオーバー(28日ごとの皮膚の新陳代謝サイクル)を正常にします。
現代女性の多くは紫外線、ストレス、加齢などが原因でターンオーバーが崩れ、にきびやくすみなどの様々な肌トラブルをかかえています。
薬剤で古い角質をはがすケミカルピーリングによってターンオーバーを整えると、肌の弾力を保つヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチンなどが生成されやすくなり、毛穴開き、にきび、毛穴の黒ずみなど、様々なお肌の悩みが改善します。

※税別
MIXピール(グリコール酸・乳酸・サリチル酸) 10,000円
※初回お試し 5,000円

より効果を求める方には顔の場合2週間に1回、ボディは1週間に1回を1クール5回ほど受けていただくのをお勧めしています。

トラネキサム酸内服

トラネキサム酸には強力な抗炎症作用があり、皮下の炎症反応を抑制しメラニン生成を抑えます。
肝斑、くすみ、炎症による色素沈着の治療に効果的です。
レーザーやフォトフェイシャルの治療などに併用することをお勧めしております。

※税別
トラネキサム酸 500mg 1日3回30日分 3,000円

ビタミン内服

ビタミンCはメラニンの生成を抑える美白効果や老化の原因となる酸化を抑える作用があります。
ビタミンEは抗酸化作用で細胞の老化を防ぎ、ホルモンのバランスを整え、お肌の潤いと張りを保ちます。

※税別
シナール配合錠(ビタミンC) 1日3回30日分 5,000円
トコフェロール酢酸エステル錠(ビタミンE)

光治療(フォトフェイシャル)

ライムライト

ライムライト(光治療器)

日本人の肌トラブルに最適・最善の光治療。
ライムライトは日本人の肌トラブルに対し、最適かつ最善の効果を導き出す新しい光治療です。
ライムライトは色白の方にも色黒の方にも十分な効果が得られるように設定を変更できる画期的な設計です。
しみの多い肌に対する最初のアプローチにお勧めです。
こんな方におススメです。

  • しみやそばかすが目立つ
  • くすみが気になる
  • 毛穴の開きが気になる
  • ニキビ跡が気になる
  • 肌の質感の乱れ、小じわが気になる
  • ハリや弾力がほしい

治療効果

しみ、くすみなど茶色のメラニンに強く反応して、しみを薄くします。
赤ら顔、毛細血管拡張、ニキビあとの赤みなど、赤い色にも反応して薄くなります。
繊維芽細胞を刺激してコラーゲン産生を促すので、毛穴が引き締まり、小じわが改善され、肌のキメが整い、化粧ののりが良くなります。

治療の流れ

  1. 石鹸洗顔でメイクを落とします。
  2. 皮膚に薄くジェルを塗り、その上からカメラのストロボライトのように光を連続して照射します。
    眩しさと熱を感じますが、痛みは我慢できる程度です。顔全体で100ショット前後、時間にして10分程度です。
  3. ジェルを拭き取った後は水で洗顔していただきます。

肌全体がほんのり赤くなり、しみの部分はこげ茶色に反応します。
この反応は翌日に強くでることが多く、普段の洗顔や入浴で自然に取れてなくなります。
治療後のメークは可能です。紫外線対策を万全にしてください。
1週間後にしみは薄くなり、透明感の増した素肌になります。

注意点
軽くお肌がひりつくことがありますがすぐに落ち着きます。
患部を直接日光に当てないよう注意し、日焼け止めを常用してください。
治療間隔と治療回数
症状によりますが、3~4週間ごとに3~5回程度続けると効果があります。
その後は数ヶ月ごとの定期メンテナンス治療をお勧めします。
他治療との違い
しみ取りレーザー(Qスイッチルビーレーザー)との違いは?
レーザー治療はピンポイントでしみを火傷させて取りますので、治療後テープを貼る必要がある場合があります。
ライムライトは肌全体をきれいにしますが、しみに対する効果はレーザーのほうが強力です。
レーザーは炎症後色素沈着を起こすことが30~40%程度ありますので、治療経過が長くなります。
※税別
初回 9,800円
2回目以降 3回セット 35,800円

基本料金

顔全体 1回 15,000円

各種レーザー治療

QスイッチNd:YAGレーザー

Qスイッチとは、瞬間的に高いパワーのレーザー光を発する装置です。
メラニン色素への吸収率がとても高いレーザーで、皮膚のメラニン色素を破壊します。
治療したいしみやあざにレーザーを照射すると、ターゲットとなる色素を熱で破壊し、除去します。
顔の多くのしみが適応となり、たいていは1~3回のレーザー治療できれいにとれます(しみの性質や深さによって違ってきます)。
治療後1~2ヶ月は赤味が残りますが、その後はほとんどが消失していきます。
ただし、20%くらいの割合で非常に薄い色ながら、再発することがあります。こうした場合も、さらに治療を重ねれば、解決します。

※税別
1cm2上限(10ショットまで) 10,000円
※以降1ショットにつき 500円

施術の注意点

  • 施術後は患部がかさぶたになるため、状態によってはテープを1週間程度貼る必要があります。
  • 肝斑としみが混在している場合は、先に肝斑の治療をしてからしみの治療を行うことをおすすめします。
  • かさぶたが剥がれた後、一度きれいになったように見えても、もう一度皮膚が茶色になることがあります。それはしみが戻ったのではなく、色素沈着になった状態です。色素沈着は数カ月から半年できれいになることがほとんどです。早く治すために塗り薬や飲み薬を処方する場合があります。
  • 施術後はとにかく日焼けを避けてください。

レーザーフェイシャル(色素レーザー)

585nmの波長で赤い色(血管等)に選択的に反応します。
毛細血管拡張症、単純性血管腫、苺状血管腫の治療、毛細血管拡張による赤ら顔治療は保険適用です。

※税別
レーザーフェイシャル(色素レーザー) (顔全体)33,000円

レーザーシャワー(レーザータイトニング)

ロングパルスヤグレーザーを使用してお顔全体に5000ショット以上シャワーにようにレーザー照射を行う治療です。
真皮上部を加熱してコラーゲンの生成を活性化します。
皮膚の小じわ、キメ、毛穴の開きを改善し、引き締め効果をもたらします。また赤ら顔にも効果があります。
治療中はほんのりとあたたかみがあります。痛みはほとんどありません。
ダウンタイムはほぼなく、直後よりお化粧もできます。
1ヶ月ごとに5回程度行うと、より効果的です。

※税別
レーザーシャワー 1回 20,000円

レーザートーニング

Qスイッチnd:YAGレーザー

くすみを一掃 治療が困難であった肝斑に

トーニングとは

全体的にくすみが目立つお肌には、レーザートーニングを行います。
当院ではFOTONAQXというレーザーを使用します。
治療が難しかった肝斑に画期的効果をもたらす新しいレーザー治療です。
従来のレーザーに比べ、肌の中に滞留しているメラニンにおだやかに働きかけます。
肝斑だけでなく、しみやくすみなどの色ムラも改善します。
ひらいた毛穴にも効果を発揮し、ハリのあるキメ整った肌へ導きます。

なお、レーザー照射時は痛みが現れることはほぼなく、顔に温かみを感じる程度の熱さで、施術後はすぐにメイク可能です。
1回の施術時間は15分ほどです。また、持続的な効果を期待される場合は、定期的な施術が必要です。

※税別
初回 8,800円
2回目以降 3回セット 29,800円
基本料金
顔全体 12,000円
ご予約・お問い合わせは・・・